施術中のQ&A

45  Q:肩凝りは女性だけなるのか?

    A:女性は首の横を通る肩甲挙筋が細いため、頭を支えているだけでストレスにな

     りデスクワークなどで同じ姿勢で頭を保持すると、筋肉が固まる方が非常に多

     いです。男性では一般的に肩凝りになる方はいません。肩がつらく来院される

     方は必ずこの肩甲挙筋にムチウチや寝違えによる筋断裂が慢性化して肩がつら

     いと訴える方が殆んどです。

施術中のQ&A

44  Q:首が締まる感じで回らないが?

    A:肩凝りは肩甲挙筋が硬まるのが主ですが、更に肩凝りが進むと首の横から前を

     走る僧帽筋が固まります。このような症状の方は姿勢が悪く、猫背で更に悪化

     すると顎を突き出してきます。施術で緩めれば姿勢も良くなりますが、神経の

     上を施術しますので痺れや痛みが強い場合はすぐにおっしゃって下さい。また

     危険を伴うので片側5分までとさせて頂きます。

施術中のQ&A

43  Q:脇の下から痺れるのだが?

    A:肩凝りが慢性化している方は肩甲骨の動きが悪く、脇の下の大円筋がかたまり

     その下の神経を圧迫して痺れがでます。施術で改善は早いのですが、神経の上

     から押しますので、痺れが増したり、力が入らなくなった場合は必ずおっしゃ

     って下さい。また、危険な箇所のため施術は10分までとさせて頂きます。

施術中のQ&A

41  Q:親指の付け根が「ガクッ」と音がして痛いが?

    A:これはバネ指と呼ばれ、親指の関節の炎症から付け根の関節に筋硬結ができて

     親指を動かした時には挟まった音がします。施術はこの親指を外に開いて行い

     ますので、少し痛みが強いので我慢できないときはおっしゃって下さい。

施術中のQ&A

40  Q:手首に痛みがあるが?

    A:この痛みは腱鞘炎で施術としては早く改善するのですが、麻痺などを起こしや

     箇所ですので、10分以上の施術は行えません。また、施術中に痺れたり、力が

     抜けてきたときはすぐにおっしゃって下さい。症状としましては生活習慣病か

     らくるものですので、例えばパソコン作業で手首を折って続けていますと炎症

     を起こしてしまうので今後は注意が必要です。

施術中のQ&A

39  Q:小指の付け根に痛みがあるが?

    A:この小指の付け根の痛みはTFCCと呼ばれ、腱鞘炎の一つに含まれます。痛みは

     施術で早く解消しますが、生活習慣病の一つですので、例えばパソコン作業な

     どで小指側に傾けて継続して行うと炎症を起こしますので、今後は日頃からの

     手の動きに注意が必要です。

施術中のQ&A

38  Q:親指の付け根に痛みがあるが?

    A:この親指の付け根の痛みはドゥケルバン病と呼ばれ、腱鞘炎の一つに含まれま

     す。痛みは施術で早く解消しますが、生活習慣病の一つですので、例えばパソ

     コン作業などで、親指側に傾けて継続して行うと炎症を起こしますので、今後

     は日頃からの手の動きに注意が必要です。