施術中のQ&A

21  Q:痺れは何故起こるのか?

    A:痺れには2通りあります。1つ目は筋肉全体が過緊張状態により血流の循環が滞

     り神経が圧迫される痺れです。症状としては例えばふくらはぎでしたら全体的

     に痺れているような感じです。もう一つは筋断裂によりその箇所から下へ痺れ

     を感じるケースです。これはどこから痺れているかが分ればそこに筋断裂があ

     りそこを施術することにより改善できます。

施術中のQ&A

20  Q:腰の施術の後に動けなくなった?

    A:腰を痛めてる方は過去にもギックリ腰などを繰り返し、痛みの元が潜んでいて1

     回の腰痛で全ての箇所に炎症が起きるケースがございます。こちらからどこが

     痛いですか?と聞いて「ここ」と答えた場合は1ヶ所、「この辺」と答えた場

     合は2~3ヶ所、「分からない」と答えた場合はかなりの箇所に広がっている可

     能性がございます。先ず一番痛い箇所から施術致しますので、複数の場合は何

     回か通って頂きますが一番痛い箇所から施術した方が結果的には早く改善する

     ことをご理解下さい。

施術中のQ&A

19  Q:肩の施術後に首が回らなくなった?

    A:肩がつらい方の殆どがこの肩甲挙筋の首の付け根に筋断裂があり、これが原因

     で肩がつらくなります。患部を直接刺激しますが、慣れていない方は次の日に

     首が回らなくなるケースがございますので、強さを聞きながら施術をさせて頂

     きます。また、施術中に耐えられない痛みの時は必ずおっしゃって下さい。

施術中のQ&A

18  Q:腰の施術の翌日に呼吸すると肋骨が痛いが?

    A:この胸腰移行部に筋硬結があり、ここから痛みを出していますが、この部分は

     肋骨が浮遊していて骨折しやすいので、母指のみで押して施術致しますの。強

     い刺激は入れられませんので改善するためには他の部位より少し回数がかかり

     ます。

施術中のQ&A

17  Q:膝の後ろを押されて翌日痺れが出た?

    A:膝の後面は神経が浅い所を走行して、強く押したり長時間の施術で麻痺や力が

     抜けてきました時はすぐにおっしゃって下さい。施術も休憩を入れながら10分

     までとさせて頂きます。

施術中のQ&A

16  Q:肘、手首を押されて翌日に腫れがあった?

    A:肘、手首は神経が浅い所を走行していて強く押したり長時間の施術で麻痺や力

     が入りにくくなったりするケースもございますので、施術中に痺れや力が抜け

     てきました時はすぐにおっしゃって下さい。施術も休憩を入れながら10分まで

     とさせて頂きます。

施術中のQ&A

15  Q:腕を押された後、翌日に力が入らなくなった?

    A:上腕は器用ですが、脚の筋肉の1/3~1/4の筋肉量しかありません。従って長時間

     の施術は、麻痺や翌日に腕に力が入らないケースも出てきてますので、1回につ

     き10分程度の施術とさせて頂きます。

施術中のQ&A

14  Q:押された翌日に動けなくなったが?

    A:深層筋手技療法は患部を直接押して自然治癒力を引き出して症状改善を図るた

     め、初めての方は力が入るやすくなります。患部が緊張していて体にも力が入

     ると過緊張状態になりもみ返しになり、翌日動けなくなることがありますので

     私も押す力を聞きながら施術致しますので、耐えられない強さの際は必ずおっ

     しゃって下さい。

施術中のQ&A

13  Q:何故、筋肉の断裂がわかるのか?

    A:傷めてすぐの筋断裂はその周辺も緊張して柔らかくなっています。また、筋肉

     の中も緊張して引っ張るために陥凹しています。また、急性、慢性ともに筋肉

     の走行に対して断裂は垂直になっているため触り慣れていればわかります。

施術中のQ&A

12  Q:痛い箇所を押すと「ズーン」と痛みがでるが?

    A:痛い所を適格な角度、強さで押しますと、痛みを外に出して患部の炎症や緊張

     を和らげようとします。これにより、患部を良くしようとする自然治癒力が働

     き症状改善します。筋硬結を押すとその周辺に痛みが広がり、筋断裂を押すと

     他の痛い箇所に響きますので、そこにも痛みがあるサインになります。