施術中のQ&A

99 Q:土踏まずが歩いていると痛く、最近ここがつることが多いが?

   A:足の裏の土踏まずの真ん中は体重が一番かかる箇所で誰でも押して痛いところで

    す。歩行で地面を蹴るときに使う後脛骨筋がここからスタートしていて一番疲労

    しやすく、足がつるのもこの箇所です。足がつったときに指を持って伸ばすとこ

    こが伸ばされて痛みもひきます。

施術中のQ&A

98 Q:整形外科で足底筋膜炎と言われたが?

   A:足の裏の真ん中付近に痛みがあると足底筋膜炎と診断されます。しかし殆んどは

    筋膜炎ではなく筋硬結が炎症を起こし、その周囲まで痛みを出しています。施術

    で改善はしますが少し痛みを伴いますので、耐えられない時はおっしゃって下さ

    い。

施術中のQ&A

97 Q:扁平足は良くなるのか?

   A:扁平足は先天性と後天性がありますが、先天性の場合は戻りません。後天性は疲

    労の蓄積で固まっていますので、親指と人差し指と中指の間を施術すれば土踏ま

    ずのアーチができます。ただし、足裏は体で一番使う箇所で施術は痛みを伴いま

    すので痛すぎた場合はおっしゃって下さい。

施術中のQ&A

96 Q:外反母趾でヒールを履くとあたって痛いが?

   A:靴を履いて痛い場合は、その箇所を施術すれば痛みは取り除けます。ヒールなど

    の細い靴を履くと足底が痛み、足首が内側に倒れて親指があたって痛くなりやす

    いので、足の裏の指の間の骨間筋を緩めて足裏を平らにしていくと、足首も安心

    して靴もあたらなくなります。

施術中のQ&A

95 Q:外反母趾の親指の変形は治るのか?

   A:外反母趾は足首が内側に倒れて親指の骨が圧迫されて外側に押し出されて痛みを

    出します。痛みの箇所は取り除くことは出来ますが、骨が変形したものに関して

    は元には戻りません。

施術中のQ&A

94 Q:捻挫で内くるぶしの下を痛め、内出血と腫れがひどいのだが?

   A:内くるぶしの下を捻挫をするケースは、落下したなどで起こることが多いので複

    数の箇所を痛めている方が多いです。普通の捻挫は段差でつまずいて外くるぶし

    の下を一カ所だけ痛めるのですが、この内くるぶしの下の捻挫は上下左右にも痛

    みが出るので複数回の施術が必要になります。また、一回ごとの施術後は熱感や

    腫れがひくまでアイシングを続けて下さい。

施術中のQ&A

93 Q:外くるぶしの下で「バキッ」と音がして内出血と腫れがひどいが施術して良いか?

   A:「バキッ」と音がしたのは靭帯が損傷したためです。これは捻挫より重傷で内出

    血と腫れがひどく、歩いて来院できないようでしたら徹底的に氷で冷やし腫れと

    熱感を抑えて下さい。腫れと熱感が落ちつけば痛みは当然ありますが、歩けます

    ので来院できると思います。一般的な捻挫は1回60分位歩行での痛みは取れま

    すが、靭帯損傷ですと歩行の痛みを取るのに60分を3回位要します。また施術

    後に熱感と腫れが残りますので、これが取れるまではアイシングを続けて下さ

    い。また見た目で内出血が残りますが、重力で落ちてしまっているだけですので

    2週間位で消えると思います。

施術中のQ&A

92 Q:捻挫を繰り返すのは何故?

   A:正常な足首は内側にガクッと捻っても捻挫にはなりにくいのですが、一度捻挫を

    してしまいますと、筋硬結が外くるぶしの下にできて動きが悪くなります。この

    状態で足首を捻ると少ない角度でも捻挫になり、その次は更に少ない角度で捻挫

    になり、繰り返しやすくなります。また捻挫を繰り返す方は足首に常に違和感を

    持っておりますので、正常な角度に戻るように施術された方が良いと思います。

施術中のQ&A

91 Q:バレエのレッスンで内くるぶしの下が痛いのだが?

   A:バレエの爪先立ちで足首が内側に倒れる方は土踏まずから内くるぶしの下に継な

    がっている後脛骨筋に負担がかかり痛みを出します。足首が内側に倒れてしまう

    と親指も内に圧迫され外反母趾にもなりやすく、また、脚全体のバランスをとる

    ため膝が外に張り出しO脚にもなりやすくなります。

施術中のQ&A

90 Q:バレエで爪先立ちをすると踵の上が痛いのだが?

   A:バレエの爪先立ちで踵の上のアキレス腱内外側に痛みがある方は多いようです。

    体重をこの点で支えるため筋硬結ができやすく、これが踵の骨に挟まれて痛みを

    出します。しかし、施術をすればこの筋硬結が小さくなり、挟まれませんので痛

    みも小さくなります。