施術中のQ&A

70  Q:長坐でストレッチをすると体が曲がらなく固いが?

    A:ストレッチで前屈して体が曲がらないと関節が固くなったと言われますが、大

     腿後面の外側広筋の筋繊維が固まっているために柔軟性が出ません。実際に前

     屈してみるとここが一番痛いはずです。この前屈で体を前に倒せるようになる

     ためには、外側広筋と腰の真ん中の筋肉を緩めていけば、柔軟性は出てきます

     す。

施術中のQ&A

69  Q:最近腸腰筋の重要性をよく聞くが?

    A:腰を痛めないように前後をトレーニングして真っすぐ安定させた方が姿勢も良

     くなります。しかし、慢性の痛みを抱えている殆どの方は腰が弱冠曲がってお

     り、腸腰筋は縮んで緊張しています。先ず、後面の腰部をしっかり緩めて上体

     を伸ばし、前面の緊張を弛緩させてから腸腰筋のトレーニング等をされた方が

     効果が上がります。

施術中のQ&A

68  Q:座ると椅子に当たる骨が痛いが?

    A:この骨は坐骨結節と呼ばれ、大腿後面のハムストリングスのスタート地点で痛

     める方も多いです。施術としては難しくないのですが、脂肪が厚く私の施術の

     体勢も取りにくい箇所ですので2~3回は改善に要するかもしれません。

施術中のQ&A

67  Q:歩くと脚の付け根が痛いが?

    A:マラソン選手や長時間の歩行などで大腿の筋肉とこの鼡径部の靭帯が摩擦を起

     こして痛みを出しています。これに微細な断裂が生じますと痺れも出ますが断

     裂部を正確に施術すれば一回で改善します。稀にこの鼡径部を押しますとお腹

     が痛いという方がおりますので、その時はおっしゃって下さい。

施術中のQ&A

66  Q:テニスをやると仙骨の外側に痛みと痺れがあるが?

    A:「テニス、バスケット、サッカーなどのスポーツはストップアンドゴー型の種

     類になりますが、特に横への動きで仙骨と腸骨を連結させる仙腸関節の靭帯に

     微細な断裂が生じて痛みや痺れを出します。長い選手ですと6ヶ月ぐらい競技復

     帰にかかりますが、深層筋手技療法では3回ぐらいで断裂を修復して、その後は

     練習の様子を見ながらメンテナンスをすれば大丈夫ですからご安心下さい。

施術中のQ&A

65  Q:病院で股関節痛と言われたが?

    A:股関節をはじめとする関節はその保護のために靭帯で覆われています。その周

     辺が痛いと言えば必ず股関節痛と診断されます。実際に検索をすればわかりま

     すが、この靭帯とその周囲の中殿筋に微細な断裂が生じて痛みを出しているケ

     ースが殆どです。病院の画像診断ではこの断裂は造影されないために股関節痛

     と言われるのです。

施術中のQ&A

64  Q:骨盤が歪んで脚の長さが違うと整体師に言われたが?

    A:人間の生活で常に左右均等にバランスを整えている方は殆どいません。100%に

     近い数字で骨盤が歪み、脚の長さも左右で違います。逆を言えば股関節の周り

     のこの中殿筋を施術で緩めれば、すぐに脚の長さも整います。

施術中のQ&A

63  Q:腰の痛みで姿勢が歪んできたが?

    A:慢性的な腰痛の方は、自然と痛みを逃がす疼痛抑制姿勢という形をとりやすく

     側弯の方が多いようです。側弯は先天的なものと後天的なものがありますが、

     先天的なケースは左右の筋肉量の差で起こるので施術での改善は難しいのです

     が、後天的なケースは施術で痛みを緩和させれば矯正できますのでご安心下さ

     い。