施術中のQ&A

67  Q:歩くと脚の付け根が痛いが?

    A:マラソン選手や長時間の歩行などで大腿の筋肉とこの鼠径部の靭帯が摩擦を起

     こして痛みを出しています。これに微細な断裂が生じますと痺れも出ますが断

     裂部を正確に施術すれば一回で改善します。稀にこの鼠径部を押しますとお腹

     が痛いという方がおりますので、その時はおっしゃって下さい。

施術中のQ&A

65  Q:病院で股関節痛と言われたが?

    A:股関節をはじめとする関節はその保護のために靭帯で覆われています。その周

     辺が痛いと言えば必ず股関節痛と診断されます。実際に検索すればわかります

     が、この靭帯とその周囲の中殿筋に微細な断裂が生じて痛みを出しているケー

     スが殆んどです。病院の画像診断ではこの断裂は造影されないために股関節痛

     と言われるのです。

施術中のQ&A

64  Q:骨盤が歪んで脚の長さが違うと整体師に言われたが?

    A:人間の生活で常に左右均等にバランスを整えている方は殆どいません。100%に

     近い数字で骨盤が歪み、脚の長さも左右で違います。逆を言えば股関節の周り

     のこの中殿筋を施術で緩めれば、すぐに脚の長さも整います。

施術中のQ&A

63  Q:腰の痛みで姿勢が歪んできたが?

    A:慢性的な腰痛の方は自然と痛みを逃す疼痛抑制姿勢という形を取りやすく、側

     弯の方が多いようです。側弯は先天的なものと後天的なものがありますが、先

     天的なケースは左右の筋肉量の差で起こるので施術での改善は難しいのですが

     後天的なケースは施術で痛みを緩和させれば矯正できますのでご安心下さい。

施術中のQ&A

62  Q:歩幅と老化が関係していると言われたが?

    A:長い間、腰を痛めていた方は固まってしまっているため、腰を伸ばせず少し曲

     った状態で歩いている方が多いです。特に高齢者は筋肉も弱いため歩行の際に

     太腿を前に出せずに歩幅が狭くなります。しかし、腰の施術を繰り返していけ

     ば徐々に伸びてきて、ウォーキングをしていけば筋力も戻って歩幅は広くなり

     ます。

施術中のQ&A

61  Q:ギックリ腰で動けないが施術に行った方が良い?

    A:今の状態が全く動けないようでしたら歩けるぐらいの痛みになってからお電話

     下さい。歩けるようでしたら施術で改善できます。施術もどのあたりが痛いか

     によって予約の時間の取り方が変わりますが、腰の真ん中に鋭い痛みがある場

     合は30分以上の時間が必要です。他の箇所に痛みがある場合は一回の施術では

     改善しにくいので何回かお越し頂くことになります。

施術中のQ&A

60  Q:病院で坐骨神経痛と言われたが?

    A:病院で腰や臀部の痛みと脚への痺れがある場合に坐骨神経痛と診断されやすい

     です。この症状は痛みの箇所を特定できにくいので、「何処から痛いのか?」

     をしっかりおっしゃって下さい。ある程度の箇所を絞り込めましたら、必ずそ

     こに筋断裂がございますのでそこを押し、普段と同じ痺れがでましたら改善は

     早いです。

施術中のQ&A

59  Q:病院で狭窄症と言われたが?

    A:脊柱管狭窄症は腰椎5番付近の真ん中から左右どちらかに筋硬結があり痛みを出

     します。ヘルニアやすべり症は鋭い痛みですが、狭窄症は鈍痛が周囲に広がり

     同じ姿勢で長時間座っていたり、また、歩行でも周囲に広がる痛みが特徴です

     狭窄症は深層筋手技療法では早く改善しやすいのですが、深い所に筋硬結が残

     っているケースが殆んどなので、押されても痛くなくなるまでは施術に通って

     下さい。

 

施術中のQ&A

58  Q:病院ですべり症と言われたが?

    A:腰椎すべり症は腰椎5番付近の真ん中から左右どちらかに筋断裂があり痛みを出

     します。診断ですべり症と言われたのは問診の中で医師の判断でそう言われた

     のだと思います。ヘルニアに比べてすべり症の方が痛みは軽いのですが寝たり

     座っている状態からの動き出しでの痛みは同じです。また、ヘルニア、すべり

     症ともに筋断裂を施術せずに慢性化しますと、何かの衝撃ですぐにギックリ腰

     になりますので、特に朝一番での体を起こしたときの痛みが消えるまでは施術

     をお受け下さい。

施術中のQ&A

57  Q:病院でヘルニアと言われたが?

    A:椎間板ヘルニアは腰椎5番付近の圧迫により、椎間板が突出して神経に触れて動

     けなくなる症状です。診断でヘルニアといわれたのは、問診の中での医師の判

     断でそう言われたのだと思います。我々の施術ではヘルニアの方は殆んどが腰

     椎の4番から腰仙部の正中に筋断裂があって痛みを出し、そこを改善がしていき

     ます。病院でヘルニアの手術を勧められるケースも多いですが、MRIなどの画

     像でもこの筋断裂は造影されず、その状態で手術をするため一度で痛みがとれ

     ず、二度、三度と手術をする方も多く、また、それで痛みがとれずに当院に来

     られる方も多いです。ご本人が最終的には判断されることですが、私は手術は

     腰に限っては勧められません。